大田区で葬儀をしたときの体験談

スタッフの心遣いのおかげで最後まで見送ることができた

大田区 葬儀 / 葬儀

家族葬にも関わらず家族ではない私たちも参列させてもらい、最後の瞬間まで見送らせてもらうことができたのは非常にありがたかったです。
それを進言してくれたのはどうやら葬儀スタッフだったようで、故人が寂しくないようにという心遣いをしてくれたのです。
その人たちのおかげで私たちは最後の挨拶をすることができました。
決して豪勢なものではありませんでしたが、親しい人たちに見送ってもらうことができる安心感を総料理長も感じてくれたのではないかと思っています。

可愛がってくれた上司の訃報悔しい思いと今後に対する不安スタッフの心遣いのおかげで最後まで見送ることができた

牧師だった祖父は多くの方を見送ったからか、「自分に万一のことあらば」のメモがすごかった。元祖終活か。
告別式で歌う讃美歌リスト(歌うだけで小一時間分)・自分のあいさつ原稿・案内を送る方々リスト…「あとは自分で歩いて火葬場に行くだけだなおやじさん」と父が言った。

— タナボタばんざい (@Ankosri) 2018年7月4日